担任の教師から聞いた話。

ある小学校教師が残業で手間取っていた。
もう夜の8時になる、辺りが真っ暗だ。
男はさっさと仕事を終わらす為に、デスクに向かった。

その時電話が急に鳴りだした。
こんな夜中に誰だろう?男は電話に出た。

「はい?」

だが、返答しても向こうはなにも言ってこない。
数秒した後、電話が切れた。

男は不思議に思いながらも、電話を下ろし、再び仕事を開始した。
すると、また電話が鳴りだしたのだ。
男はイライラしながら電話に出る。

「はい!?」

だが向こうからはなにも聞こえない。
男は自分から切り、デスクに向き直った。
ところがまた電話が鳴ってくる。

それを一時間くらいやりとりが続いたので無視することにした。
ようやく仕事が終わり、学校中にカギを掛ける作業に移った。

あとひとつ、体育館にカギを掛けに向かった男は、体育館前に立ち、カギを閉めようとした瞬間、暗くてよく見えないせいか、カギを中に落としてしまった。
男は溜め息混じりに、中に入り、カギを拾った。

その瞬間、扉がバタンとしまった。
男はパニックに陥り、慌てて照明ボタンを探した。
照明ボタンを押して、体育館を眺めると殺風景な感じだった。

あれ!?男は真ん中に目を凝らしてよく見た。
小さな女の子がボールを持って遊んでいる。

やばい・・・。

男はそう思った。
絶対になんかある。

男はそう直感して、さっさと去る事にした。

扉を開けようとした。
だがなぜか扉が開かない。

男は戦慄を覚えながらも必死でドアを開けた、それでも開かない!

その時、ボールを突く音がピタリとやんだ。
男は後ろを振り返ると、真ん中にいた女の子がニコニコ笑いながら、こちらに向かってくる!

いや、よく見ると女の子の顔は80歳ぐらいの顔をした老婆であった。
男は悲鳴をあげながら必死で体当たりをしてやっと扉を開けた。

男は職員室に入り、身支度を整え、部屋から出ようとした。
その瞬間、プルルルルルル!!!

部屋中に置いてあった全ての電話が鳴りだした・・・・・・。

男は急いでその場を後にした。

男は学校の出口へむかいながらも、持っていた携帯で友人に助けを求めた。

プルルルルル・・・。

プルルルルル・・・。

プルルルルル・・・。

3コールめで繋がった。

「◯◯?(友人の名前)ちょっといいか?」

友人:「・・・」

友人から返答が無い。

「もしもし◯◯?聞こえてるなら返事しろよ?」

「・・・でしょ」

微かに「でしょ」って聞こえる。

「聞こえないよ、何?」

「・・・でしょ」

「えっ?何?もっとはっきり言ってくれないか?」

すると、小さいけど低いはっきりした声で・・・「あなた死にたいんでしょ?」と。

男は、「いや!死にたくない!!」と、叫ぶと、ツー・・・電話が切れた。