俺がまだ幼かった頃、向かいの家は婆さんとA子さんの2人暮らしだった。
A子さんは当時高校生くらいだったのか?とても綺麗な人だったように記憶している。
そのうちA子さんが結婚して、婿養子を貰ったという話を聞いた。

後に俺がばあちゃんから聞いた話なのだが、どうやらA子さんの家は早死にの家系だったらしい。
子供が生まれるもみんな早死にしてしまう。
そして、向かいの家の婆さんもA子さんも2人とも養女だったんだと。

やがて俺が中学生になった時、ある晩騒がしくて目が覚めた。
隣の家の車庫と車が燃えていた。
どうやら何者かによる放火らしかった。
事件はこれで終わらず、その後連続放火事件へと発展した。

たしか最初の火事の後も2件ほど火事が続き、4件目はボヤ程度で消し止められたんだったと思う。

その後しばらくは平穏な日々が続いたのだが、俺が大学生になった頃、再び火事が起きた。
向かいのA子さんの家が全焼したのだった。
当時はずいぶん俺の親父も警察に疑われたらしい。

後日、久しぶりに帰省した時に、俺が親父から聞いた事実は衝撃的だった。

親父:「例の一連の火事の犯人な、どうもA子らしいんだわ。4件目のボヤ騒ぎの時に、目撃された犯人らしき人物がA子だったんだ。警察には誰も言っていないが、ここらのモンもみんなA子の仕業だったってことで納得してる。最後は自分の家に火つけてしもうたんだな」

そして、これはこの前ばあちゃんに聞いた話。

俺:「建て直したA子さんの家、今は誰が住んでんの?」

ばあちゃん:「あぁ、もう今は誰も住んでないんだわ。みんな死んでしもうたからね」

俺:「は?みんなってどういうこと?」

ばあちゃん:「みんなだよ。婆さんもA子も旦那さんも、病気で亡くなった。子供もいたけど、体育の授業だか部活動の最中に、事故で亡くなってしもうたんだよ」

逃れられない宿命というか血の業とか、人間がブッ壊れていく様みたいなものを見せつけられたようでゾッとした。