小学4年の夏休みに、爺ちゃんのいる田舎に帰って、近くの山で一人で遊んでた時のこと。

最初はあんまり奥には行かず、道沿いに昆虫なんかを探してたと思う。
しばらくしてふと森の奥を見ると、信号機が立っているのが見えた。
まさに、都会の道路にあるあの信号機。
未だにはっきり覚えている。
ランプは点灯していなかったが、倒れたりはせずしっかりと地面に立っていた。

何だあれ?と思って森の奥に行こうと2、3歩踏み出した瞬間、横の草むらからガサガサッと音がして、ビクッと反射的にそっちを向いたら、得体の知れないものがのしかかってきた。

ここで一旦記憶が飛んでいるので、あまり上手くは言えないが・・・一瞬だけ見て覚えているのは、黒くて大きな三日月を横にしたような物体?だった。

それで次に気付いた時は、爺ちゃんの家に向かって歩いていた。
そしてその道中、妙に頭が痒い。

家に着くと、母親が俺を見て悲鳴をあげた。

母親:「あんた、頭どうしたんよ!?」

え?と思って顔や頭を触ると、血がべっとり。
でも全然痛くない。

訳が分からないまま、とりあえず頭に当てときなさい、と濡らしたタオルを貰ったので、そのまま縁側に座って、しばらく下を向いて止血していた。

何分ぐらい経ったか、ふと顔を上げてみたら、母親、父親、妹、爺ちゃん、婆ちゃんが俺の前に全員立っていて、みんな目をぐるぐるさせながら(分かるかな?)俺を見てニヤニヤと笑っていた。
そこでまた記憶が飛んだ。
これは多分ショックで気絶したんだと思う。

目が覚めると俺は布団に寝かされていた。
ちょうど婆ちゃんがジュースを持ってきてくれて、顔を見ても、俺が知っているいつもの優しい婆ちゃんだった。

「暑いからねぇ、帽子かぶらんと。日射病は恐いよ。」

俺はとっさに頭に手を当てたが、血どころか傷の痕跡すら無い。

で、この後どうなったかというと、何も無し。
勿論家族も全員普通。

森の中の信号機も、得体の知れない物体も、頭の出血もみんなの気持ち悪い笑いも全部謎のまま、今に至る。
小学生の俺は一人混乱したまま、こんな出来事を誰に説明できる訳もなかった。

誰かこういう事に詳しい人が居たら、教えて欲しい。
あれは何だったんだ?