おばあちゃんに聞いた、ささやかーな話。

母と二時間ドラマを見ていた。

私:「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」

祖母:「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一人も○○ちゃんやったわあ」

私:「お手伝いさんなんていたの!?」

つい今の時代と照らし合わせて驚いてしまったけど、大金持ちというわけでは無いが、戦前から田舎町の名士という感じの祖父母の家は大きく、お手伝いさんがいても不思議ではない。

後日、祖母の家に行った時に、その事を聞いてみました。

私:「昔はこの家に○○さんって、お手伝いさんおったんやってねえ」

祖母:「ああ、○○ちゃんって子がおってなあ・・・」

その○○ちゃんというお手伝いさんは、田舎村から奉公に来ていた、まだ16、7歳の少女だったらしい。
曾祖父母、祖父母も、○○ちゃんを可愛がり、母や弟二人も懐いていて特に、よく買い物に行く商店のおばさんが彼女を可愛がっていたそうです。

祖母がお誕生日か何かにプレゼントしてあげたコートが彼女は大好きで、どこに行くにも着ていき、商店のおばさんに褒めてもらったら「奥様に買ってもらったの」と、嬉しそうに言っていたそうです。

でも、数年後、○○ちゃんは結核にかかってしまい、田舎に帰らざるを得なくなり「帰りたくない」と泣いていたそうですが、そういうわけにもいかず、祖母も「実家でゆっくり静養して治ったらまた雇ってあげるから戻っておいで」と言い、迎えに来ていたご両親に預けました。

数ヵ月後、商店のおばちゃんが祖母に言いました。

商店のおばちゃん:「○○ちゃん、帰ってきたんやねえ!でも先日声かけたら無視されてん?どうしたんやろ?」

でも、○○ちゃんは帰ってきてません。

祖母:「よく似た子やないかしら?」

商店のおばちゃん:「でも、あの、あんたに買ってもらったていうコート着てたよ?」

祖母:「それなら間違いないわねえ?じゃあ近くに来てたんかしら?」

数週間後、○○ちゃんの母親から○○ちゃんが死亡した旨の手紙が届いたそうです。
商店街のおばさんが○○ちゃんを見た日に亡くなったいたようで・・・。

祖母は「この町に戻ってきたかったんやねえ・・・」と呟いていました。

以上です。