もう退職したけど、ある大病院の外科部長を勤めたことのある医師の話。

その病院の特別室(つまり料金の高い個室ですな)に、厚化粧のおばはんの幽霊が出るようになった。
まあ場所が場所だから幽霊ぐらいしょっちゅう出たそうだが、「気のせいですよ」「錯覚ですよ」と強引に無視していると、いつのまにかいなくなったそうです。
でもそのおばはん幽霊はいつまでたっても出てってくれない。
特別室に入院するような金持ちの患者は、気に入らなけりゃどんどん他の大病院に移っちゃうから、
病院側としても困ってしまった。

で、院長が件の外科部長氏に「何とか出てってくれるようおばはんを説得してくれ」と言ってきたんですね。
もともとそのおばはんはその外科部長の患者ではないので、「なんで私が!」とさすがに腹を立てて抗議すると、実はそのおばはん、金持ち華僑の奥さんで日本語わかんない人だったとのことです。

その外科部長氏は一時期中国語を習っていたことがあったので、適任だと見込まれてしまったのでした。

で、仕方なくその夜、いわゆる”うしみつどき”と言われる時間に特別室に行くと、確かに厚化粧のおばさんがいて、黙って睨みつけてくる。
外科部長氏は中国語でおばはんに、「明日からこの特別室の料金が倍になるから、今夜中に出てってくださいねー」と話しかけて、さっさと戻ったそうです。

それしきのことで、と思うでしょうが、まじでそれ以来おばはんは出なくなったそうです。

俺が「すごいですねー。でもなんでそう言おうと思いついたんですか?」と聞いたら、担当の医師や看護婦と対策を相談した結果、そのおばはんはお金にうるさい人で、「高い料金を払っているんだから」が口癖だったので、おそらく居座ってる理由も、払ったお金の元を取りたいという根性からだろうと推理したからだ、ということでした。

厚化粧よりそっちのほうがこわいです。
「カネはあの世までは持っていけない」とかいうのは日本人の考え方で、中国人には通用しないw