足が96本

タコの足の数は?と質問されて場誰でも「8本」と答えるだろうが、三重県の志摩マリンランドにある標本のタコは足が96本あるそうだ。

96本のタコは1998年12月に入館し、記録のあるタコの中では最多だそうです。

鳥羽水族館にはさらにそのタコの上をいく141本の足があるタコの標本があるという。
このタコは「お化けタコ」として地元の住民の間では有名だそう。

生存中にはタコの足が分裂するところが目撃されてたと言われているが、なぜ、足が8本以上あるのかは謎である。

進化なのか、何かの病気なのか、あるいは見た目がよく似た新種のタコなのだろうか。
タコやイカは都市伝説界隈のネタでも宇宙人説などささやかれる・・・謎に満ちた生物なだけに気味が悪い。