そんなに怖くはないけれど、ちょっと引っかかってる事なんだが・・・。

高校三年の四月に俺のオヤジが家の金(俺の学費用に貯めて貰ってた金も入ってたらしい)を勝手に使ったり、会社に仕事の成果偽って報告してたり、家族に内緒ですげぇ借金してたりしてたのが発覚した。

会社は勿論クビになったし、借金は親戚が一度は全部返してくれたんだが、そっからもドンドン新しい借金が発覚して、ついにオカンも離婚したんだわ。

婿養子だったオヤジだけを我が家から追放して、借金の影響が我が家に来ないようにしたんだが、オヤジの悪行を聞いて難病抱えてた祖父さんは参っちまったのか病気の悪化で入院して、そのまま死んじまった。

祖父さんっ子だった俺は「祖父さんが死んだのはオヤジのせいだ。」と思って、めちゃくちゃオヤジを憎んだ。

さらに離婚して隣の県に引っ越ししたオヤジが勝手に祖父さんの名前つかって借金したりして、もう本気で親父を殺したくなった。

受験控えたストレスとかもあったんだろうが、毎日、毎日オヤジを妄想の中で刺したり、殴ったりして殺しまくってたんだわ。

そしたら、八月に夢みたんよ。

全然しらないアパートで一人暮らししている俺の部屋のドアがいきなり開いて、ドアに近づいたらあのオヤジが笑いながら入ってきて包丁で俺の腹刺してきた。

血は出たが全然痛くなかったから、俺は部屋から走って逃げた。

アパートの近くの民家に逃げ込んだ俺はそこに住んでた全然知らないオバさんに匿ってもらったんだが、オヤジはその家のドアを蹴り破ろうとしてきてる。
俺はその家の人に包丁を借りて外に出てオヤジの腹を刺し返した。

オヤジは血だして倒れた。