前に住んでたアパートで起きた出来事だ。

俺が住んでたのは、築30年以上の古い木造2階建てのアパートだった。
駅の近くだったが、古いせいか周りの物件より安かった。
当然、安いところに住む住民はみんな生活状況は悪かった。

1日中咳き込んでる老人。
四六時中訳の分からない言葉でケンカしてる外人夫婦。

・・・そんな所に住んでた。

当時の俺はフリーターで、働いてはいたが収入は少なかった。
で、ある頃から部屋の異変が始まった。

最初はささいな事から始まった。
捨てた記憶がないのに、ゴミ箱が空になってた。
ゴミなんか盗むやつはいないだろうから、俺の勘違いって事にした。

数日後またゴミ箱が空になった・・・。
これで確信した。
誰かがゴミを盗んでる!

でもなぜゴミなんだろう。
そう思いはしたが、たかだかゴミがなくなった位で気に留めるのはやめた。

今度は数少ないパンツが1枚消えた。
コインランドリーに持っていき帰ってきたら昨日履いたのがない。
数日後部屋の中から出てきた。

なんかおかしい。

台所の茶碗が洗われてた。
もちろん自分でやった記憶はない。

ある時、家に帰ると押入れから物音がしたような気がした。
押入れを開けたが当然誰もいない。

何日かして、風邪でバイトを早退しいつもより早めに帰宅した。

ドアを開けると、そいつはいた!
使った後の割り箸を舐めながらその女は俺を見た。

俺は大声を上げ外に逃げた!
近所の人に警察を呼んでもらいパトカーが来た。
事情を説明して部屋を調べてもらって、外で待っていたら、女の喚き声が聞こえ、警察官に捕まり出てきた。

翌日、警察に呼ばれ教えてもらった。
犯人は隣に住む1人暮らしの女性で、精神的に病んでいて通院中だそうだ。

古いアパートだから押入れの天井はすぐ外せるらしく、そこから出入りしていたそうだ。
理由は、最初は隣人への好奇心らしかったが、それが恋愛感情に変わったそうだ。

俺が隣人のその女を見たのはその時初めてだった。
髪の長い痩せたその女の風貌が気持ち悪かった。

警察官に言われた。
その女は精神疾患だからすぐ釈放される、引っ越した方が安全だと。
とりあえず荷物をまとめ友達の家に転がりこみ、少したってから今のアパートに移った。

そんな事から1年程たち忘れかけてた頃、アルバムを整理しようと開くと、その女の写真が俺の写真の横に貼られてた。