俺は両親から狸に化かされたという話をずっと聞いてきたよ。
個人的にはイマイチ信用はしていないんだが・・・。

俺れが産まれる前・・・というか両親が結婚する前だから昭和40年代後半か。
大阪の某環状道路を車で走っていたら、前から逆送してくる車がいたらしい。
正面衝突すると思った父は急ハンドルを切った・・・。

結果、路肩を越えて盛り土から道路脇の田圃に落下、前面ガラスが木っ端みじんになってしまうほどで、顔面血だらけになった両親を、救出した人たちは死んでいるんじゃないかと思ったそうだ。

結局、病院で意識を戻した両親は幸い軽傷で済んだそうだが、そんな逆送してくる車なんて誰も見なかったし、居なかったと。
ただ、車がつっこんだあたりに狸の轢死体があったらしい。

結婚前の娘の顔に傷を残しただとか、色々と責められたそうだけれど、結局は結婚し、俺が産まれた・・・・という。

母は妊娠中に階段を踏み外して2Fから転がり落ちるなどの事故も起こしてるけど、特に俺には異常もなく(と思ってる)、産まれて30年以上過ぎた・・・。

聞いている限りでは単なる自損事故なんじゃないかと思ったりもするんだけど、そのときに死んでいたら俺は産まれてこなかったんだろうし、なんか複雑な気分だよ。
このスレ見てこんなのを思い出してしまった今日は奇遇にも誕生日だし。

久々に実家に電話でもしようかな。