小さい頃親友がいた。
親友と言っても人間じゃなくて猫。
普通の猫より一回り程大きくて、いつも堤防にある陸橋の下にいた。

いつの間にか仲良くなっていた俺達。
いつもキャッキャはしゃいでた俺を、目を細めながら見守っててくれていた。
友達と言うより、婆ちゃんと孫みたいな感じ。

猫の名前はコハク。
ずっと昔に人に飼われていたらしい。

俺達は会話ができた。
疑問は持たなかった。
いつも言われる言葉は「車には気をつけてね」。

そんな日々が半年程続いたとある日、俺は車にはねられた。

学校から帰る途中だった。
俺は全く覚えてないが全身を強く打っていて、脳死もしくは全身麻痺は覚悟してくださいと言われたらしい。
意識が戻っても重い後遺症は残るとのことだった。

俺は昏睡状態の中、夢を見た。

20畳程の何もない部屋にいた。
ドアも窓もない部屋の隅っこで怖くて震えてたんだけど、急に部屋が温かいオレンジ色に包まれて、どこからか声がした。

「○○君」

俺を呼ぶ声だ。
いつの間にか出来ていたドアを開け外に出ると、いつもの堤防だった。
でも音がしない。

家に帰ろうと振り返るとコハクがいた。
他にもコハクに似た猫がたくさん。
猫達は何も言わず道を空けてくれた。

「コハク、ありがとう!」と言い駆け出すと、急に空気が変わり事故現場にいた。

そこには横たわる俺と、その横には真っ黒の大きな影。
周りにはさっきの猫たち。
しきりに「シャー!」とか言いながら威嚇してた。

そこで目が覚めた。
俺は病院を抜け出し、堤防に向かった
事故現場の影より、コハクが気になった

なんとなく予想はしていたけどコハクはいなかった。
日が暮れるまでそこで泣いていた俺を警察が見付け、病院に帰された。

怖くはないけど、コハクは俺を助けてくれたんだと思ってる。
小さい頃の記憶はこれしかないんだ。
事故が原因か知らんけど、俺が覚えてるのは小学5年から。