零細企業に勤めてたが、家業を継ぐため辞めざるをえなかった。
その後、その会社は倒産した。
それから10年、そこの社長の夢を立て続けに見た。

「帰ってきてくれ、もう一回一緒に仕事をしよう」

・・・というものだった。
気になって連絡してみたら、末期ガンで余命がないということだった。
慌ててお見舞いに行った。

それからすぐにその人は亡くなったが、家族の話だと俺が帰ってくれることをずっと願っていたらしい。
亡くなる直前にも、俺に会えたことを喜んでくれてたらしい。

その一週間後、また夢を見た。

「一緒に来てくれよ、寂しいんだ」と手を引っ張られた。

俺は夢の中で必死に手を振りほどいたが、強烈に引っ張られたところで目が覚めた。
真冬だというのに、布団から2mくらい離れたところにいた。
寝相はすこぶる良い方だ。

心臓が苦しかった。
あの時、気を許していたら俺は死んでたんだろうな。