小学生の頃、町内のスポーツ大会とかで近所の小学校へ行った時の事です。
試合観戦も飽きたので、「ちょっと周りを探検しよーぜ!」とDQNなダチが言いだした。
それで、そのダチの探検しようと言い出したところと言うのが、いかにも心霊スポットマニアがよだれをたらしそうな廃屋。
その周囲と言うのが、うっそうとした雑木林で、件の廃屋はその中に立っていた。

今思えば、こんなもん小学校のそばにあって、教育上良くないんじゃないか?と思えるくらい陰鬱。

「ボス!ここが現場です!」

DQNがいの一番に突撃、ダチも数人中へ。(あの頃は“ポートピア連続殺人事件”が流行っていた。)

当時のワシは自他共に認めるチキンで、出来れば中へ入らずやり過ごしたいな~と思っていたが、真昼間と言う事で安心感があったのか、遅れて中へ。
ワシは霊感など全くないのですが、廃屋の入り口に着た瞬間、この家はヤバい、と思いました。
と言うのも、入り口の至る所にお札がびっしりと貼ってあったのです。

中に入ると、当然ながら薄暗い。
雑木林の中ので当然と言えば当然ですが・・・。
応接間と思しき部屋に足を踏み入れると、当然中は荒れ放題。
廃屋にお約束wのエロ本の間に、なぜかお札が何枚か。

良く見ると、部屋中にお札が撒かれている。
部屋の中央は老朽化で床が抜けたか窪んでいて、窪みにこれまた大量のお札が・・・。
窪みの中央は穴が開いていて、恐る恐る中を見てみる。
この穴どんな穴~と見てみたらその穴、穴じゃあありませんでした。

でかい黒猫の死体だったのです。

死んでいると言っても、お札の山の中で眠っている、そんな感じ。

さすがのボンクラなワシも思わず声を上げようとしたら、「猫が死んどるー!!」とダチの一人が絶叫し、ワシも含むガキどもは退散。
言い出しっぺのDQNは、家の中から錆びた包丁を自慢げに持ち出したが、「捨ててこいヴォケ!」と総ツッコミを食らいましたとさ。

ちなみに霊障はありません。
あえて言うならハードワークが日々悲惨になることと、彼女がいない事ですが、まァこれは自己責任やなw

最後に場所は伏せ・・・る間もないのでカミングアウト。
倉敷市真備町の岡●小学校のすぐそばです。