ネットが一般化しつつあった98年頃だったかな?
アメリカ大陸を歩いて横断するって挑戦をしてた定年退職後の男性のサイトがあった。(今で言うブログ形式)

その人、砂漠みたいにモーテルがまばらな地域に入ると、近くの安宿を短期で借りて&近所の暇人をドライバーとして雇って、日中歩いて、夕方になったらドライバーに回収して貰い宿に戻り、朝になったら昨日の場所まで運んで貰ってまた歩く、って感じで移動してたんだが・・・。

ある日、とんでもなく頭の悪い奴を雇ってしまって、『今日は夜中までピックアップして貰えなかった。私は東に進むと言ってあるのに、西側に探しにいってたらしい。もしも偶然車が通りかからなかったらと思うとゾッとする。早く新しいドライバーを探そう・・・』というな記事を最後に、完全に更新が止んだ事があった。