大学生になりたての頃なんだけど、山の中(と言っても、里山レベル)で若いスーツ姿のOLさんを発見したんだ。
OLさんは、山を登ってるってより、ウロウロしてる感じに見えた。
手にはロープらしきものと、木の棒を持ってた。

「まさか自殺・・・」とか思ってビクビクしたんだけどさ、勇気を出して「どうしたんですか、何か探してるんですか?」と声を掛けたよ。
まあ・・・下心が少々あった事は認めます。
OLさん、ちょっと可愛かったし。

で、声を掛けた瞬間、OLさんは「お~ま~え~が~!」とか叫んで木の棒を振り回しながら、凄い勢いで追いかけてきた。

もちろん、俺はダッシュ逃亡。
だが、OLさん追ってくる。
スゲェ早い、なんなんだアレ。
新手の妖怪か何かか?

もうヤバイ。
俺、このまま捕まって殺されちゃうかも・・・とか思ってたら、下から山を登ってくるオッチャン登場。
この瞬間、オッチャンが天使に見えた。

オッチャンに「たすけてぇ~!」と必死に叫ぶ俺。
棒をブンブンしながら「まてぇ~!こら~!お前~!」と叫ぶOLさん。
ソレ見てビビるオッチャン。

一瞬怯んだオッチャンだったけど、彼の勇者魂に火がついたのか、坂道を爆走してくるOLさんをタックルみたいな感じで押し留めた。
流石足腰強いぜ。
ありがとう、オッチャン。

で、オッチャンはOLさんを落ち着かせて説得し、そのまま山のふもとまで送ってくれた。
仕事のストレスや職場の人間関係に悩み(苛められてたらしい)、その上付き合ってた彼氏は別の女と浮気してて、それを責めたら捨てられて自暴自棄になってたらしい。
えぐえぐと泣きながら説明するOLさんを、優しく諭すオッチャン。

「辛かったら、そんな仕事辞めちゃいなよ。まだ若いし、やり直せるよ」
「嫌な事があったらココに遊びに来なさい。いつでも歓迎するから」

オッチャンはそんな感じの事を喋ってた。
その間、俺は何もする事が無いので、オッチャンがくれたトマトを食ってた。
美味かったです。

帰りがけにオッチャンは、俺とOLさんにキュウリとトマトをくれた。
OLさんとは、その後何も無かった。

てか、追いかけられた時はマジで恐かったよ。
オッチャンには、色々感謝です。