俺が無事に大学を卒業し就職したての頃の話なんだけど、埼玉から都心をつなぐSK線を利用し通勤してたわけなんだが、毎朝同じ時間、同じ車両になる事が多く、いつも同じ顔ぶれになるわけで、その日も顔馴染みばかりだったんだけど、途中駅から見慣れない小学生の女の子が乗ってきた。

こんなすし詰めな時間帯に小学生が乗ってくるのが珍しく、電車が揺れた時に押し潰されたら可哀想なので、身体で周りの大人達をガードしてたりした。

ふと見ると女の子は終止下を向き、何やらブツブツお経みたいなのを言ってるみたいだった。
何でお経?と思い女の子に話し掛けてみたら、その子が言うには、皆の足元を縫うように這ってくる男の人がいると言う。

はぁ?と思ったけど、女の子は冗談を言ってるようにも見えなかった。
暫くすると電車はA駅に着き、ドッと人がホームに流れだす。

俺も乗り換えのため降りようとした時、チラッと足元に髪の毛の束が見えた・・・。
あれって思ったが、後からくる人波にすぐホームに押し出されちゃんと確認出来なかったが、アレは間違いなく人の頭だったように思う。

それ以来、女の子とは会ってないが、電車に乗る度足元を注意し見るようにはしている。