水道工事屋の叔父さんから聞いた話なんです。

その日の現場は、千葉で有名な沼のすぐ近くだった。
辺りは雑木林になっていて、昼間なのになんだか妙に薄暗い。
ここっていうのは、昔から色々な噂があるようなところなんです。

で、今回の工事ってのは、大きな機械でもって地面を掘って、そこにパイプを配管する。
手慣れた職人にとっちゃ難しい工事じゃあないんだ。
叔父さんも陽気な人だから、鼻歌交じりで始めたんでしょうねえ、仕事を。

で、まぁ機械ですから、当然、ガガガガガッ、ガガガガガッ・・・・・・ものすごい音が出るんですよ。
昼間だし、近所に民家も何も無いもんだから、気兼ねなく音を出して作業していた。

ガガガガガッ、ガガガガガッ・・・・・・。

掘りながら、だんだんだんだん沼に近づいていったんです。

すると、大きな機械の音に混じって、何か聞こえてくるような気がするんだ。
ん?あぁ、音に驚いて、鳥か虫でも鳴いてるのかなー?
なんてことを思いながら、また、ガガガガガッ、ガガガガガッ・・・・・・。

さらに沼へ近づいていった。
ガガガガガッ、ガガガガガッ・・・・・・。
ガガガガガッ、ガガガガガッ・・・・・・。

「うるさい・・・・・・」

若い女の声でハッキリと、『うるさい』という声が聞こえたんだ。
それも、すぐそこでこっちに向かって喋ってるような、そんな感じだった。

あぁ~若いお姉ちゃんがお散歩中だったかな~なんて思いながら機械を止めて、ヒョイッと見た。

居ない。

あらっ?と思った。
見ると、声のしたところ、そこは高ーいフェンスが張り巡らされていて、雑木林になってる。
で、そのすぐ向こうは沼。
人が来れるようなところじゃないんだ。
声がするなんてありえない。

不思議な話もあるもんですねえ・・・・・・。