不動産会社にいたときの話。

入居して1ヶ月もしない入居者から、『この部屋以前何かありましたか?』とTEL。

俺:「イイエ特に何もありませんが」

数日後また同じ入居者から『本当に何もありませんでしたか?』とTEL。

一応先輩社員から確認したが特に何もないので、「調べましたが特に何もありませんでした」と返答。

またまた数日後入居者から『一度きてください、絶対なにかあります』。

俺:「では近くに行ったときか、時間ができたら伺います」
どうせ池沼のクレーマーだと放置。

またまた数日後『あんた来てくれるっていたじゃないか!』ってお怒りモード。
少々お怒りなので詳しく話を聞くと、特に浴室、『暖かい風呂に入っていても寒気がする』とのこと。

まぁ怒らせても余計面倒くさくなるので、訪問日時を設定。
訪問前に再度色々調査したが特に何も無し。

で、約束の日時に訪問。

入居者:「お忙しいのにわざわざスミマセン」

俺:「じゃぁチョットお邪魔しますね」

再度調査したが何も無い事を伝えて、クローゼットの中はもちろん色んな所を調べるが、特に変わった箇所も無し。

そして、入居者が「特に浴室が」って言うので調査の為一歩踏み入れたら、換気扇は回していないし、窓が無いユニットバスなのにヒンヤリした感じ。
ユニットバスで調べる所といえば天井の点検口のみ。
で、点検口をずらして見てみると、俺も「ウォッ!」って声にならない声を出してしまった。

上階との隙間にある配管に数本のネクタイが、首を吊れる感じでキツク結ばれて垂れさがっていた。
バスタブの縁に立って、その輪に首を入れてバスタブの縁から足を外したら良い感じだった。
取り合えず、そのネクタイを全部外して、敷地内のゴミ捨て場に捨てた。
それ以来、入居者から電話が来なくなった。

追記:前入居者が他で自殺したとか・・・(未確認)
で、俺が対応したその入居者も、それから半年か1年以内ぐらいだったかな?荷物を全て残していなくなった。(本当)
家賃未納で、俺がその部屋に実際に確認に行った。
あっ!この部屋って・・・あの時のって、部屋の前に行ってから思い出した。

ここは数棟同じ様な建物が並んでいて(デザインや築年同じ)、違う棟だが数年前に焼身自殺がありました(本当)。

そして、部屋の号数が同じ。
建物を間違えちゃったのかな?