この前久しぶりに幽霊列車に乗った時の話。

乗ってから20分ぐらいたった頃、知り合いの右耳の無いおっさんと世間話をしていると駅で黒い日傘をさした貴婦人が乗ってきた。

その貴婦人は真っ直ぐ俺の所に歩いて来ると、鞄から1枚の絵を取り出して「この絵は何に見えますか?」なんて聞いてきた。

その絵は白い紙に墨汁を無作為に垂らしたような絵で、特に何かをモチーフにしているような絵では無かった。

とりあえずちょっとの間絵とにらめっこをしてから、網で焼いた肉の焦げ目に見えなくも無かったので素直にそう答えた。
そうすると貴婦人はその絵を鞄の中にしまうと、そのまま少し鞄の中を探すような仕草をしたあと、「差し上げます」と言って鞄から取り出した柘榴(ザクロ)をくれた。

そのまま別の車両に行ってしまった貴婦人の背中を見送ったあと、柘榴(ザクロ)ってそういえば食ったことないな、なんて考えていたんだが、今度は別の女性に話しかけられた。
その女性は白い髪をポニーテールに結った巫女服の若い女性で、柘榴(ザクロ)が好物なので譲って欲しいと言ってきた。

その女性には前に死にそうになっていた所を助けてもらった恩もあったし、別に柘榴を特別食べたかった訳でも無かったので、特に深く考えず女性に柘榴を渡した。

柘榴を渡すと女性は嬉しそうに微笑んだあと、ふっと消えてしまった・・・。

あの人いつもいきなり表れていきなり消えるな、なんて思っていると、今まで黙ってたおっさんが話しかけてきた。

「あんちゃん助かったなぁー、あの柘榴食ってたら帰れんくなってたで」

おっさんの隣では黒猫が俺の方を指差してゲラゲラ笑っていた。

皆ももし幽霊列車に乗ることがあったら向こう側に引き込まれないように気を付けてくれ。