「出る」と評判の廃屋で、俺たちグループの中でもいちばん気が強く、心霊現象完全否定派である竹田が、夜に一人で肝試しをすることになった。
他愛ない雑談から、いつのまにかそういう話になってしまったのだ。

「やめといた方がいいって」と俺たち四人は引き留めたが、竹田は鼻で笑い、「じゃあ、必ず約束守れよ。俺が一人きりで朝まであそこで過ごせたら、お前らは俺に二千円ずつ払う。もし俺が逃げ出したりズルをしたら、俺がお前ら全員に二千円ずつ払う。証拠のハンディカムはちゃんと回しとくから」と。

竹田:『・・・・・・っと、位置はこのへんでいいか。映ってるよな?つーわけで、一人肝試しのはじまりはじまり。拍手~。ハァ、朝までヒマだね、しかしこれ。』

竹田:『携帯もノートパソコンも駄目とは、自分で言いだしたものの、チト厳しい縛りだったかな。まあいいや。』

竹田:『さて、と。このままボーッとしてるのもなんだからさ、ひとつ俺が、そう、霊なんか一切信じてないこの俺が、とっておきの『怖い話』をしてやるよ。』

竹田:『お前らのこと。お前たち『四人』の話。・・・・・・お前たち、まだ気づいていないのか?違うだろ。本当はとっくに気づいてて、なのに知らないふりをしてるだけなんだよな。・・・・・・なあ、正直に言うよ。俺はいま、怖くてたまらない。この廃屋がじゃない。お前たちが、だ。お前たちの視線が。いま、こうしてお前たち『四人』に、俺を見られていることが。怖くて怖くて死にそうだ。ずっと前から。』

竹田:『・・・・・・・・・・・・』

竹田:『どうやら賭けは俺の負けだな。ちゃんと払うよ、六千円は』

結局、竹田は俺たちに金を払うことはなかった・・・。
ハンディカムの映像だけを残し、あの夜に廃屋から出たあと、突然失踪したから。
行方はいまだに知れない。