私のお兄ちゃん(霊感あり)と私が体験した話。

去年の今頃、叔父さん一家が車にガソリンまいて火を付けて心中・・・。
心中の原因が叔母さんの作った借金だったんだ。
私達兄妹はその叔母さんのコトが大嫌いだった。

葬儀が終わって49日が過ぎた頃、お兄ちゃんが私に電話してきた。
『あのクソババァ(叔母さん)、おめおめ俺の夢に出て来たがったから殴り飛ばしてやった』

・・・その3日後、私の夢におばさんが出てきた。

イヤな目つきで、ジラ~~っとこっちを見てた。
右の頬が腫れてた。
あとでお兄ちゃんに「左手で殴らなかった?」って聞いたら、「よく判ったな~」って関心してた。
ちなみに、お兄ちゃんは両利きです。

叔母さんのハナシはコレでおしまい。
それ以来叔母さんは私達の夢に出てきません。

叔父さんの話。
叔父さん達が死んでまる1年。
実家の近い所に住んでいるお兄ちゃんはお墓参りに行ったんだって。

お兄ちゃん:「じいちゃん、クソババァはどうでもいいけど、叔父さんだけはどうか連れて行ってくれないかなぁ・・・」

墓前に手を合わせ、亡きお爺ちゃんにそうお願いしたんだって。
もともとお爺ちゃんコだったお兄ちゃんは、その夜に夢を見た。
そこには、お爺ちゃん、ガンで亡くなった親類の大工さん、その大工さんのお父さん・・・など、小さい頃にお兄ちゃんを可愛がってくれた親しい親類の人たちが、勢揃いしてた。
中には知らない顔もあったらしいけど、その中に所在なさそうにして心中した叔父さんがいた。

お爺ちゃん:「こいつぁ、ウチらがちゃーんと連れて行くから安心しれや」

お爺ちゃんはそういってくれたんだって。

この話を電話で聞いた翌日、お兄ちゃんからまた電話があった。

『昨日、叔父さんの知り合いだっていう人が夢に出てきて・・・』

夢の中でこんな話をしたそうだ。

男:「○○さん(叔父さんの名前)いないかね?」
兄:「あぁ、うちの叔父さんなら、昨日じぃちゃん達に連れられて行っちゃったんだけど・・・」

男:「そうかぁ・・・。まだいたら、一緒に行こうかと思ったんだけどもねぇ」

そういってその人は消えていったと。

まぁ、私は「誘ってくれる人がいるだけイイじゃない」とか言っておいたんだけどね。
続きがあるの。

叔父さんの家の遺品を片づけているとき、アルバムが出てきた。
何となくお兄ちゃんと一緒にめくって見ていたら、お兄ちゃんが手を止めた。

「あ、オレの夢に出てきた人」

叔父さんの社員旅行らしい写真にその人はいた。
母親に写真を見せながら「オレの会ったのこの人だよ」っていうと、母親の顔がみるみる凍りついていった。

その人、会社を辞めたあとに首吊り自殺した人だったんだって。
叔父さんをどこに連れて行こうとしたのか・・・。