私は古いものなんでも好きで色々集めてましたが、以前京都に行った時、あるお店で見つけた古い振り袖、お値段が結構したので躊躇しつつ、でもどうしても欲しくて、次の日再び行ってとうとう買ってしまいました。

極彩色の華やかな笹の柄、サイズは小さくて13、4歳用、時代は明治大正かなというもので、土地柄舞妓さんが身につけてたものかな~とか楽しく想像してました。

家に帰って和室にインテリアとして飾っていましたが、なぜかうちの猫が、その着物の下から見上げながら激しく鳴くのです。
普段とても大人しいな猫なのに・・・。

ところがそれからひと月の間に、まさに我が家に嵐が吹き荒れました。
たまたま泊まりにきていた姑がその部屋で脳梗塞で倒れる、子供が離婚、親代わりのおばの死・・・。
それぞれに以前から原因の布石はあったとしても、ひと月に凝集された事が不思議でした。

着物が原因?と少し怖くなってお寺に収めました。

知り合いの呉服屋さんにこの話をすると、着物は女の念が移りやすいから~ということで次の話をしてくれました。

あるお客さんが古着屋で見つけた、作家ものの手描き友禅の訪問着。
観音様の図柄だったそうです。
えらく気に入って床の間にかけていると、連日夜中に目が覚めて、ふと床の間を見ると、着物の横に白い影が立っている・・・。
このお客さんがその後どうしたか、着物がどうなったかはわかりません。
そもそも観音様の柄からして、普通に着用できないものだろうし。

私の考えでは、着物通の女性が死に装束としてあつらえた特別なものではと・・・。
しかし高額なものだったので、遺族がお棺に入れず転売したのかな?