2015RR245

太陽を公転する天体には我らが地球のような惑星だけでなく、冥王星などが含まれる「準惑星」というグループがあります。
そしてカナダ・フランス・ハワイ望遠鏡による観測の結果、あらたに非常に大きな公転軌道で太陽を周る準惑星「2015RR245」という天体が発見されました。

この2015RR245は、海王星の外側をドーナッツのように取り囲む天体の集まり「エッジワース・カイパーベルト」より発見されました。
天体の発見自体は今年の2月に、冥王星の外側を観測/調査する太陽系圏外観測の中で行われたものです。

2015RR245の大きさは現時点ではわかっていません。
しかし、その横幅は約700kmほどではないかと推測されています。
そしてこの推測が正しければ、2015RR245はエッジワース・カイパーベルトで18番目に大きな天体となるはずです。
さらにこの天体について、ビクトリア大学のMicheleBannister氏は「2015RR245は小さくて輝いているかもしれないし、大きくてくらい天体かもしれない」として、さらなる調査を予定しています。

この2015RR245は700年という非常に大きな公転周期を持っています。
これは冥王星の公転周期(約247年)よりもずっと大きなものです。
同準惑星が太陽に一番近づくポイントは34天文距離(太陽から地球までの距離)。
そして、一番離れると120天文距離まで遠ざかります。

なお、次に2015RR245が太陽に一番近づくのは2096年になるそうです。