都市伝説系

雪国出身の母親の地元の因習?みたいなもの。
もし同じような習わしを知ってる人がいたら理由を教えてほしいのですが・・・。

新雪が積もると、子供ってそこにバタッと倒れこんで人型を作って遊んだりしますよね。
そうやって人型を作った後、その場を去る前に必ず頭の部分を足で踏み抜いて崩していかないといけなかったそう。

母に理由を聞いてもどうしても思い出せないとのこと。
でも必ずやっていたそうです。

人型から悪いものが生まれると信じられていたとか・・・?

謎です。