動物・怨念・呪い

友達の許可が出たから投下。

大学に入ってから知り合った友人に起こったことで俺も少し関わった話。
仮に友人をAとします。

Aは地方から大学入学を期に上京してる奴だった。
俺とAは一年の六月頃知り合って意気投合して仲良くなった。
仲良くなるにつれてお互いのプライベートの深い話もするようになった。

その中でAの家系の話があった。

その話というのは、父親、祖父、叔父ともにAが知りうるA家の男はみんな47歳の若さで亡くなっているということだった。
それだけでも驚いたのだが、さらにみんな胃癌で亡くなっているとのことだった。

A本人も気にしており、冗談まじりに「俺も47で亡くなるのかもなぁ」なんて言ってた。

俺は何か霊的な因果なのでは?と話をした。
Aも「そうかもしれない。」と言い、その場はそれで終わった。
その年の夏、Aから母親の様子がおかしいと相談を受けた。

具体的内容は伏せるが、単に旦那を亡くしたショックのようにも思えた。
ただA本人はかなり心配したようで、夏休みを利用して実家に帰ることにした。
俺は地元も東京だし、夏休みということで、そのことを積極的に思い出すこともなく地元の友達と遊んでいた。

ある日、地元の友達の家に泊まった日があった。
深夜までしゃべってそろそろ寝るかというときに、部屋を回るように風が吹き始めた。
エアコンを付けていたから窓が開いているはずはない。

二人で首を傾げていると、次第に気持ち悪くなった。
それはうなるほどにひどくなった。

友達は黙っていた。
寝たんだと思った。

気持ち悪いのが少し治まるとヘビ(見えたわけじゃないけど俺はそう感じた)が部屋をグルグルまわっていた。

「ヤバい、怖い!」と呟いていて気が付くと朝だった。

翌朝、友達に話すと友達は気持ち悪くて黙っていただけで、寝ていたわけではなかったとのことだった。
友達は俺が感じたヘビを「竜みたいだった」と言っていた。

その話をAになんとはなしに話した。
するとAは驚いた様子で実家に帰った時の話をしだした。
以下その時の話。

Aは俺の「霊的な因果」という話が気になったらしく、母親を地元の有名な寺へ連れて行った。

そこの住職によるとA家には家系的に土地神の怒りに触れた家系だったらしい。
その土地神が竜で、竜の使いがヘビだと言う。
何故怒りに触れているのかまでは分からないが、A家の男性が同じ年齢で亡くなるのはそれが原因だとのこと。
さらに母親の異変は土地神とは無関係に寂しがり屋の旦那が連れて行こうとしたためとのことだった。
旦那の霊はその場で淨霊してもらった。

土地神は強すぎて手が出せず長い時間をかけて寺で謝らなければならない。
そのため母親は毎日寺に通うことになった。

以上がAの話だった。

Aの母親は今も寺に通っている。