警察の友人に聞いた話。

ほとんどの人は事件、事故があった場合は皆110番すると思う。
たとえば自ら命を絶った人を見つけたときなんかもすると思うんだよね。
実際に、ほとんどは通報によって発見されることが多いんだって。
連絡がないのを心配した家族とか、たまたま通りかかった人とか。

でも、全体の通報の約1割ぐらいは、名前も名乗らず公衆電話とかから「○○の部屋に首つって亡くなっている人がいる。」ってかかってくる。

実際、見に行くとほんとに亡くなっている。
でもそれは鍵のかかった室内だったりするんだって。

ちょっと考えると、誰かにやられたんじゃないかって勘ぐるけど、ベテランの警察官が言うには、ちょっと違うらしい。

実はその通報しているのは命を絶とうとしている本人らしい。

通報した音声はすべて録音されていて、家族に確認してもらって判明する。
見つからないのは怖いけど、極力人目にはつきたくないとか、ほんとは止めてほしいとか、体が腐る前に早く見つけてほしい、亡くなったことを家族に伝えてほしいとか、推測だけどそんな感じらしい。

「人間ひとりで逝くのはやっぱこわいんすね」って友人が言ったら、ベテランの刑事さんが気になることをぽつり。

「ごくたまにだけど、亡くなった推定時刻よりだいぶ後になって本人からかかってくることもあるんだよね。」