スポット系

山梨県で心霊スポットとして有名なトンネルは2ヶ所あります。
それは「旧御坂トンネル」と「旧笹子トンネル」です。
両トンネルともに新トンネルが開通したことで現役を退き、観光スポットとしても有名です。

まず旧御坂トンネルは山梨県南都留郡富士河口湖町と笛吹市を繋いでいる御坂峠にあります。
葛飾北斎、歌川広重らによる富士山の浮世絵で有名な御坂峠ですが、実は心霊現象が絶えないスポットとしても知られています。

噂ではトンネル工事の際に多くの人が亡くなったことがあり、それからトンネル付近で交通事故が多く発生しているそうです。
この事故で死亡した人たちの霊や三角帽子をかぶった僧侶の霊が多く目撃されているようです。
またトンネル入り口付近では女性の霊が手招きしていたり、首なしライダーが走っていたりするという話もあります。

次に笹子トンネルは山梨県大月市と甲州市の間を結ぶトンネルです。

このトンネルは2012年に起きた天井崩落事故で、走行中の複数台の車両が事故に巻き込まれて死傷者が出たことで、私たちの記憶にもまだ新しいと思います。
またこの事故は史上最多の死亡者数を出した事故として記録されています。

事故以前は登録有形文化財や心霊スポットとしても知られいました。
このトンネルでは昔、交通事故で女の子が亡くなってしまったそうです。
この女の子は山梨に住むおじいちゃんの家に遊びに来ていたのですが、急に帰りたいと言い出しました。
仕方なくおじいちゃんが車で送ろうとしたその道中で事故に遭い、2人とも死亡したそうです。

それ以降はその少女の霊が多く目撃されるようになったという話です。
機会があれば噂の山梨心霊スポットを訪ねてみて下さい。