故スティーブ・ジョブズは何か重要な考えをまとめるときはよく散歩していたというエピソードがある。
後世まで名を残していている小説家たちも、散歩中にアイデアが突然浮かびまとまったと言っている。

運動中や運動後に記憶や注意力に関するテストを行うと、座っているときよりもパフォーマンスが向上することが分かっている。
これは軽い運動でも十分に脳を刺激し効果を発揮する。

他の運動と違い散歩は「歩くこと」に集中する必要がなく、意識が自由にさまざまな考えが浮かび上がってくる。

これは革新的なアイデアや鋭い洞察を見つけることのできる精神状態にあることが研究により明らかになっている。


転載元:「都市伝説大全」
https://tdtaizen.com/believe/2135