都市伝説系

みなさんは、ファフロッキーズという現象を知っていますか?

空から突然、カエルや魚が降ってくる現象のことで、古くは、9世紀頃の日本でも観測されています。

天空より降ってくるものは実に様々で、カエル、魚、引き裂かれた鳥の亡骸、トウモロコシ、血液、金貨等々です。
最近では日本でも、2009年6月に石川県七尾市で多数のオタマジャクシが降る・・・という事件があったことをみなさんも記憶しているのではないでしょうか。

原因としては、竜巻に巻き込まれたものが降ってくるという説が有効になっていますが、すべての場合に当てはまるわけではなく、実際のところは未だに謎のままです。
中には天空の城ラピュタのような、空中都市があり、そこからの落とし物と考える人もいるようです。

何となくロマンのある話のように聞こえますが、2014年1月5日、サウジアラビアのジッダで観測されたファフロツキーズとしては驚くべきものが降ってきました。

それはなんと人体の一部。
かなりの広範囲に何人分かもわからない人体の一部が降り注いだのです。

当初は飛行機の車輪の部分に隠れていた密入国者が、車輪収納の際に挟まれ切断されたという見方が強かったようですが、当時上空を飛んだ飛行機はないそうです。

これまで、人体が降るというケースは報告されていないので、おそらく今回が初めてではないかと言われています。