ある高校での話。

今日で一学期も終わる終業式、夏休み前の最後の思い出と言う事で明日からの長い夏休みをどう過ごそうか、各々期待を胸に自宅へと帰って行った。

しかし、学校の地下にある体育倉庫で絶望的な夏休みを開始した女子生徒が居る事に誰も気付いていなかった・・・。

彼女はふとした拍子に、地下体育倉庫へ用を申し付けられ、倉庫の奥に入って作業している時に中には誰も居ないと思っていた用務員さんによって鍵を閉められてしまった。

そして彼女に用を申し付けた先生も彼女の事なんかすっかり忘れて帰ってしまった・・・。
こうして1人ひんやりと暗く体育倉庫に閉じ込められてしまった。

次の日になって彼女の捜索願いを両親が出したが、学校は完全に盲点となっていて誰も探してはくれなかった。
そして、彼女は行方不明と言う事で扱われ新学期が・・・。

地下体育倉庫を使おうとして鍵を開けた先生がスグに悲鳴をあげる。

閉じ込められて彼女は亡くなっていたのだ。
地下のひんやりとした空気のせいか彼女の身体は半分ミイラ化・・・。

そして、此処からはやく出たいと言う彼女の努力なのか、壁には無数の爪の後が残されてあった・・・。