心霊・幽霊系

友人から聞いた話。
北海道の大学に進学した彼は、友人たちと頻繁にファミレスに行ったという。
ドリンクバーとポテトフライをお供に時には朝まで語り明かす。
誰にでも経験があるありふれた話だ。

ある日いつものように会話を楽しんでいると、窓の外から店内を覗く人影に気付く。

若い女だ。

店内に知人でも探しているのか?
初めは気にもとめなかったが、10分も動かないとあれば、やはり気になってくる。
隣の友人の肩を叩くと、「うん、気付いてる」「変だよな?」「あんま見ない方がよくないか?」視界の端に捉えながらやりとりする。

視界の端でちら見していると、女が動いた。
真横に、滑るように・・・。

普通人間が動く際には、必ず肩が動く、歩くにせよ、向きを変えるにせよ・・・。
女が見えなくなったあとはその話で盛り上がった。
そして結論として「あれはこの世のモノではなかった」と。

先日、その友人と食事をした。
帰省中の地元、鹿児島のファミレスで。

食事中、やたら僕の背後に目線が流れる。
そこで前述の話を聞かせてくれた。
そして、今また、あの女がいる、と。
やはり以前と同じように窓の外から店内を覗いているようだ。
僕はふり向けなかった。

そうしているうちに、彼はほっとした様に「いなくなった」と。
北海道で見てから10年以上経過しているが、以前と全く変わった様子はなかったそうだ。
容姿も、店内を眺めるたたずまいも。
そしてあの、全く肩が上下しない人間離れした動き方も。

店から出る際、外から女がいた窓の付近を確認してみたが、植え込みになっていて、人が立てる状態ではなかった。
そして窓の高さも僕の頭より上、窓から姿が見えるには少なくとも身長250cmは必要だ。
やはり、そこには人ならぬモノがいたのだろうか。

幸い友人には前回も今回も、その後特に変わったことはないという。
そして僕は厭な事を思いついた。
女は、ああやって色々なファミレスを覗いて回っているのではないか。
北海道から段々と南下してゆき、やがて九州に辿り着いたのではないかと。

友人は偶々2度も遭遇してしまっただけ、だと思いたいのだが、ムシが良すぎるだろうか。
そして女の今後も気になっている。
鹿児島は本土のどん詰まりだ。
これから沖縄に渡るのだろうか。
それとも折り返して、また北へと向かうのだろうか。