猫がある日ふっといなくなったまま、姿を消して二度と戻ってこない。
猫は死ぬときに姿を消す。
見つからないところで死を迎えると言われる。

猫が姿を一番の原因は交通事故。
飼い主に死を見せないという意味では合っているかもしれない。

魅力的なメス猫について行き、そのまま放浪し戻らなかったり、縄張り争いに負けて家への道を通れなくなったり他の原因も考えられる。

猫が体調が悪い時に姿を消すことがあるが、それは人目に付かない、襲われることがない静かな物陰で回復を待っているだけ。
猫は生きるために姿を消すのであり、飼い主に死を見せないためではない。

飼い主を悲しませないために、姿を消すというのは、飼い主の勝手な思い上がりでしかない。


転載元:「都市伝説大全」
https://tdtaizen.com/believe/2080