この話は誰も信じてくれないけど本当にあった話です。
怖くはないけど、不思議なお話。

かれこれ20数年前・・・わたしはまだ4歳。
当時、限りなく埼玉に近い東京の集合団地に住んでいました。

ある日の夕方の6時?くらい、わたしはお母さんと家にいました。
7つ上のお兄ちゃんは、もう外は暗くなっているのに団地の前で友だち数人と遊んでいて、なんだか大変盛り上がってるようで、家の中にも声が聞こえていました。
しばらくすると、お兄ちゃんが目を輝かせてダッシュで帰ってきて、わたしに言ったのです。

お兄ちゃん:「ウパ子(わたし)!UFOが来たぞ!一緒に外に行こう!」

4歳のわたしは無邪気に「わーい♪ユーホー見たいー!!」と、お兄ちゃんと外に出ました。

すると、お兄ちゃんの友だちが男女そろって10人くらい、空を見上げて歓声をあげていましたが、その集団の真ん中には作業着のおじさんもいて、吉幾三のようなイメージです。

そのおじさんはどの子ども達よりも興奮して空を指差し、「ほら!ほら!UFOだっ!!見て見てアソコ!あ!また違うの来た!!」と騒いでいました。

わたしが空を見上げると・・・、居ました。
それは、すっかり黒くなった空に、青い光を放っていました。
ゆっくりゆっくり団地の上空を飛んでいきます。
楕円形で、青いライトが規則正しくチカチカと光っています。

はっきり言ってわたしは、「へー、あれがユーホーっていうひこーきかぁ・・・めずらしいんだなぁ」くらいの感想でした。
UFOを見た事実より、みんながスゴイスゴイと騒いでることに興奮していて、UFOはフワフワと移動して、数分で見えなくなりました。

UFOを見送ったあと、自然とみんな帰る雰囲気になって解散しました。
謎のおじさんも、お兄ちゃん達とちょっとしゃべって帰って行きました。

ここからは、後から兄に聞いた話です。
あの日、お兄ちゃんは友だちと団地前で遊んでいて、暗くなりかけた頃、謎の作業着のおじさんが現れました。
そしてお兄ちゃん達は、「君たちUFOを見たくない?ちょっと手伝ってもらえるかな?」と話しかけられたそうです。

どうやらおじさんは、見た目に寄らず『博士』で、長年の研究の末にUFOの呼び方を発見したらしいです。

お兄ちゃんももう高学年。
さすがにうさん臭いとは思ったけれど、おじさんは気さくでいい人そうだから、協力することにしました。

やり方は至ってシンプル。
友だちと、中央におじさんを挟んでみんなで手をつなぎ、『UFO来い来い』と念じるだけ。

このとき空にはうっすら3つ並んだ星が見えていて(たぶんオリオン座)、おじさんは「あの3つ並んでる星を見ていて」と言いました。
すると、なんと!真ん中の星がチカチカと点滅しました。

お兄ちゃん達は大興奮!
「おー!すげー!」と盛り上がっていると、その点滅した星の向こう側から、何かが飛んできたそうです。

UFOです。
もうみんなびっくり!
なぜだかおじさんが一番びっくりしてたそうです(笑)

ここで、お兄ちゃんはわたしにもUFOを見せようとダッシュで家に。
わたしが外に出たときにもまだ見えたそうですが、わたしはおじさんに釘付けで見逃しました。
そして2機目が飛んできて、これがわたしが見たUFOです。
1機目は、赤いライトのUFOだったらしいです。

親達は誰も外に出てくれなかったので目撃していません。
なので、一生懸命UFOを見たって伝えましたが誰も信じてくれませんでした。

以上が、わたしが体験した不思議なお話です。
わたしと兄はそのおじさんを『UFOおじさん』と呼んでいます。

その後、わたしは昼間の公園で、作業着姿のUFOおじさんを何度か見かけています。
兄曰わく、おじさんは「そろそろ宇宙人と会えそうなんだ」と言ってたそうです。
今も兄とはたまに、「UFOおじさんは今ごろ宇宙人と暮らしてるかな~」なんて話します。

どなたか信じてくれますか?
そして、UFOおじさんに出逢ったことのある方はいませんか?