無重力状態は人の脳に無気力状態を引き起こすことがある。
つまり無重力状態は宇宙飛行士たちは上下の概念を奪うだけでなく、与えられた仕事を終わらせることさえも不可能にしてしまうのです。

宇宙飛行士に起こるこの変化の理由は解明されていませんでしたが、NASAはこの原因を探る基礎研究を始めました。

無重力状態は意思決定に影響を及ぼし、地球にいる時よりも考えることを難しくするようです。
NASAは宇宙飛行士がミッションを行うごとにMRI等を用いて、その前後の脳の状態を調べることにしているとのこと。