2ヶ月ほど前の話です。

友人に「霊感があるかわかるテストがある」と言われ、やってみました。

ご存じの方も多いテストかと思いますが「目をつむり、頭の中で住んでいる家を想像する。入り口から入り、全ての窓を開けて回り、窓を開けて入り口まで戻ったら、反対に閉めて回る。最後に入ったところから家を出て目を開ける。この時、途中で振り返ったり目を開けてはいけない」というものでした。

言われた通りに実行。
入り口から入り、窓を開け、全て開けたら閉めて回り、家を出る。
終わったところで友人に聞かれました。

友人:「今窓を閉めて回ったとき、家のなかに誰かいた?影でもいいよ」

私は素直に「3、4人黒い人形の影がいた」と答えました。
どうやら、このテスト、”家の中に誰かいたり、影が見えたら霊感がある。誰もいない、なにもないと霊感はない。”というものだそうです。

友人からは「多くない?めっちゃ霊感あるんじゃん?」と笑われました。
しかし私はこれまでいっさい、いわゆる心霊体験はありません。
それを友人に話すと「えー。きっと体験したのをわかってないだけよ」と、また笑われました。
そこで、私はふと気になったことを聞きました。

私:「さっきの黒い影なんだけどさ、最後のひとつがこっちに向かって手を降ってたよ」
友人:「え?」

私:「だから、最後の家を出る前にいた黒い影がさ、こっちに手を降ってたの。右手を。ばいばーいって」
すると、友人は黙ってしまいました。

友人:「ごめん。そんなの聞いたことない。」
私:「え」

友人:「そんな動きをして来る奴なんて、今までいなかった」
私:「でも私は見たよ」

友人:「あのさ、大体家の中にいるのは、実際の家の中にもいる幽霊とかなんだよね。ってゆうか、霊感があると、脳内で普段は見えない存在を感じられるのね。だから何かしらの形で見えるらしいの」
私:「ふむ」

友人:「そういうのって、ほとんど無害。家にいるのって、大概は浮遊霊らしいの」
私:「へえ」

友人:「でもアンタに手を降ったのがいた・・・つまりアンタを認識して、アクションしてきてるんだよ」

私:「はぁ」
友人:「・・・・・・もしかしたら・・・アンタに興味があってとり憑いてるのがいるんじゃない?」

それから2ヶ月。
今のところ、家でもどこでも変わったことは起こっていません。
なんの確証も無い、ただの友人の意見です。
でもあれ以来、なんだか怖くて、例の霊感テストはしていません。