日本人の90%以上が経験しているニキビ。
10代後半、中学生や高校生で発症する人が多く、青春のシンボルなどともいわれる。
10代でできるニキビを思春期ニキビ。
成人してからできるニキビを大人ニキビという。

思春期の若者にとって見栄えの悪いニキビは大きな悩み。
顔中にニキビができたり、治ってもすぐ新しいニキビができるなど、ニキビに悩まされる人からすれば、ニキビができない、あまりニキビがない友達は羨ましく妬ましい存在である。

しかし、中学、高校時代でニキビができなかった人は、多くのニキビに悩まされた人と比べて老化が早く始まる。

染色体の末端部にはテロメアといわれる遺伝子を保護する部分がある。
テロメアは少しずつ短くなっていく。
短くなった結果、老化現象が起こる。

男性ホルモン、細菌、皮脂などの相互作用によって、毛穴が炎症を起こしニキビが発症するという説が有力とされているが、ニキビができる詳しい原因は解明されていない。
原因はわかっていないが、ニキビがたくさんできることで、テロメアが短くなるのが遅くなる。

多感な時期で、ニキビ予防など心がけたい気持ちもあるだろうが、30代、40代と歳をとってから、シワがなくハリのある若々しい肌を手に入れるには、10代でたくさんのニキビに悩まされておく方がよい。

ちなみに二十歳を過ぎてからの大人ニキビでは、テロメアへの影響はほとんどない。

引用元:【都市伝説大全】
https://tdtaizen.com/believe/5270