もう5~6年くらい前の話だけど、ふと思い出したので投下。

俺の昔の友達に所謂「見える人」がいたんだが、そいつが何か守り神みたいなのを連れているらしかった。
だから見えちゃいけないものが見えても、取り憑かれたり、危害を加えられたりすることはなかったらしい。
その守り神、普段俺には見えないし声も気配も感じなかったのだが、「どんな感じなの?」と聞くと「着物姿の女の人」と本人は言っていた。
忘れてしまったが、”ナントカ様”みたいな名前もあったと思う。

当時俺はそういうオカルトな話が大好きだったから、別段気持ち悪いとかこいつ頭おかしいんじゃないかとか思わず、そいつから色々な心霊話なんかを聞かせてもらっていた。

で、ある日そいつの家で遅くまで遊んでた時、そのまま家に泊めてもらうことになった。
遊んでた時は一階の居間だったけど、寝る時は二階のそいつの部屋に移動。

部屋に入ると、異様にガラーンとした部屋だった。
5畳半くらいの広さに、勉強机と、その上にデスクトップのPCがあるだけ。
他には何にも無い。
ただ、部屋の隅のところに神棚が置いてあった。

お酒と塩と、炭の欠片のようなものが備えてある。

「何これ?」と聞くと、「あぁそれ、○○さまの家みたいなもんだよ」と友人。
例の守り神の住家らしい。

何となく凄いものを見た気分になった俺は、その神棚に興味津々。
神棚の知識なんてさっぱりだが、結構立派なもので、安物には見えなかった。
正面の観音開きになっている部分は閉じていたから、「開けてもいいか?」と聞くと、断固NGと言われた。

で、少し駄弁ったあと眠りについたんだが、その夜に妙な音が聞こえて目を覚ました。

”がらん、がらん”

神社の鈴の音みたいだった。
最初は外から聞こえたのかと思ったが、それにしては結構な大音量で聞こえたもんだから、何だろう?と思って起き上がろうとした。

・・・が、体が動かない。

『あれ?これ・・・・・・金縛り?』

金縛りになったのなんて生まれて初めてだ。
隣で寝てる友人に助けを求めようと考えたが、指一本動かせない。
一人でもがいていると、今度は”ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい・・・”

「ごめんなさい」と繰り返す男の声が聞こえてきた。

幸か不幸か、目だけは動いたので思い切って目を開くと、俺の顔を覗き込むようにして、頭の側に誰かが立っていた。

黒い着物の、たぶん10歳くらいの女の子。
ただ、髪は長いストレートの金髪。
真っ暗な部屋の中で、その子の髪と目が光ってるみたいにはっきり見えた。

その時、怖いとは全然思わなかった。
むしろ金縛りと謎の声で感じてた恐怖が、その姿を見て吹っ飛んだ感じ。
これはきっと例の守り神だろう、あいつも黒い着物の女の人って言ってたし。
てっきり着物のおばあちゃんみたいなのかと思ってたら(勝手なイメージ)
なんだ、可愛いじゃないか。

”ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい・・・”

さっきの男の声は、まだどこからか聞こえてくる。
と、その子が何かを俺の上に翳した。
紐で結ばれたソフトボールくらいの大きさの鈴だった。それを軽く振ると、

”がらんがらん”

と、最初に聞こえた音。
何してるんだろう?・・・・・・と思いながら、意識がまどろんでいって、気がつけば朝になっていた。

友人に夜にあったことを話すと「ああ、やっぱりね」と納得した感じ。

友人:「お前、なんか良くないものがついてたんだよ、だから○○さまが今日は泊めていってやれって。厄除けしてもらったんだろ」

「ごめんなさい」という声は俺が発していたものらしく、俺に引っ付いてた人の懺悔だったのだそうな。

俺はそれまでオカルト話が大好きだったけど、本心から信じても無かった。
幽霊とか神様とか、あくまで空想の産物だと考えてたけど、この出来事があってからちょっと見方が変わった。
何ていうか、あるところにはあるもんだなぁと。

俺の方が引越しして以来そいつとは会ってないが、あいつとあの守り神、元気にしてるだろうか。