東京のある美術大学で起こった話。
その日は授業の中で、町の景観をカメラに収め、写真のフィルムを現像する時間があった。
現像する時に使う暗室という部屋があり、光が絶対入らないようにつくられた場所がある。

その暗室のつくりというのは、まず暗室へのドアを開けると、そこにはL字の通路があり、L字の角を曲がるともう一つドアがある。
そこを開くと暗室の中にはいることができる。
外からしか鍵は掛けられず、内鍵はない。
そして、そのL字内も暗いため、出入りするときには必ず「入ります」と声をかけてから入らなければならない。
向こうからやってくる人との衝突を防ぐためだ。

友人の山下が体験した話だが、暗室内での授業に遅刻してそのL字内に入るとき、「入ります」の声がけをせずにL字内に侵入した。
もう暗室内で授業が行われていて暗室から出る者はいないなと思ったからだ。
しかし、L字に侵入して、L字の角を曲がった時に、左肩が誰かとぶつかってしまった。

「あっ」と思い振り返って「すみません」と謝ったが、反応がなかった。
その時山下は誰かがトイレに急いでたんだなと思ったらしい。

山下は人に慣れなれしいところがあり、目上の人に対しても気遣いとか敬語はほとんど使わないような性格だが、先生や先輩によく慕われていてよく遊びに行っている。
夏休みに先生達といっしょに旅行に行って、夜怖い話をする流れになり、その時聞かされた話にその学校の暗室の話を聞かされた。

先生:「山下、この話は生徒に話したりするなよ」

暗室前のL字に入るときの声がけには二つの意味があるという。
向こうからやってくる人とぶつからないようにするため、そしてL字の通路に居る霊に対してアクションをおこし、霊をのけさせるためだそうだ。
そうしないと霊と遭遇してしまうらしい。

昔、その暗室である事故が起こって、女子生徒が一人亡くなった。
その日は夏休み前日で、その女子生徒は、暗室でずっと作業をしていた。
作業に没頭していたのか時計も暗室なので見えず、夜までずっと作業に没頭していたらしい。
やがて警備員が見回りに来て、暗室の中を確認したのか、していないのか、暗くて見えなかったのかわからないが、その暗室のドアに鍵を掛けてしまった。

夏休み前日に、内鍵も窓もない暗室で、女子生徒は閉じ込められてしまった。
その頃はケータイもなく彼女も一人暮らしだったので、助けもよべない状況だった。

夏休み明け、最初に暗室を開けた先生が、亡くなった女子生徒を発見した。
死因は餓死だった。
その後の司法解剖でわかったことだが、女子生徒の胃の中にカメラのフィルムが入っていそうだ。
食べてしまったのだろう。

先生が言うには、暗くて見えないが、暗室のドアの上にはお札が貼ってあるそうだ。
それからというもの山下は暗室には近寄らないようにして、暗室を使う授業は全部履修放棄した。