義妹が地元の短大でて暫く葬儀社に勤めてたんだけど、そこで色々面白いことがあったと言ってた。
その中からかいつまんで。

この葬儀社、社員6-7人程度。
田舎にある平均的な古い葬儀社で、それなりの大きさの斎場を持ってた。
斎場には線香の番で泊れるようにいくつか部屋があって、一番奥の小部屋は、葬儀に使う設備や仏様の身の回りの品を、一時的に収納する場になっていたらしい。
そこの扉、普段は立て付けも悪く、締め切ってもガタガタゆれるくらいの安普請らしいんだけど、ごくたまに、まるで壁と一枚板になったように、閉じたままピタっと動かなくなるのだとか。

とある葬儀の前夜、社員も泊まり込みで遅くまで作業してる折、入社間もない義妹が、納品されてきた香典返しの段ボールを閉まっておこうと小部屋へ向かい、初めてこの現象に遭遇した。

長い廊下の奥、薄暗い電灯の下、ぴくりとも動かない引き戸と暫し格闘する義妹。
おかしい?中に誰か居るわけでもないだろうに、何か引っかかってるのかしら?
いつも締め切っていてもガタガタ動くくらいのボロ戸なのに?

困り果てた義妹、古参の社員に相談。

義妹:「あの~奥の部屋の扉が動かなくなってるんですけど」
古参社員:「・・・ああ、今使ってらっしゃるんだね~」(ニッコリ

頭が???状態の義妹に、追い打ちをかけるように、「小一時間もしたら開くだろうから、またあとで行ってらっしゃい」と。
言われた通り1時間も経った頃に再度向かうと、引き戸は何事もなくスーッと開いたらしい。

義妹曰く、閉じた時の扉の向こうはどうなってるんだろ?別世界とか?
それとも故人の人が、必死こいて引き戸開かないように押さえてるのかな?

・・・と言う話。
必死こいて反対側から故人に押さえられてるとしたら、ほんのり怖いです。。。