僕はH県に住んでいた高校生です。
僕が体験している不思議な体験を書きたいと思います。
子供の頃に親に言っても信じてもらえなかった話なので、今まで誰にも話さなかったのですが、キンピラという話を見て書こうと思いました。

僕は小さい頃から、時間や場所に関係なく、僕の周りを泳ぐというか舞うように、羽の生えた細長い紫色の鯉が見えます。
その鯉は出て来ても、只々僕の周りを舞っているだけでした。

僕の住んでいた県には泳げる程に綺麗な川があり、毎年夏になると友達とその川で遊んでいました。
その川には、丁度飛び込めるくらいの岩場があり、そこから飛び込んだりして遊んでました。

ある時1人で家にいる時に、ふとその川に行かないといけないという気がして1人で行きました。
草が生え茂っている所の奥にいくと開けた所に出て、そこにダムからの水でできた川があります。

僕はいつものように川に着きました。

そして、服を脱ぎ岩場に登り、飛び込もうとした時に、後ろから誰かに押され、転げ落ちる様に川に落ちました。
僕が慌てながら水から出ようとすると、無数の手が僕の体を掴み、岩の下に引きずり込もうとしていました。

僕は恐怖で水を飲んでしまって、息がすぐに続かなくなり、もう無理なんだなあ・・・と思っていました。
すると、その鯉がふわぁ!!!!って出て来ました。
その瞬間に手が外れました。
僕はそこで気を失ったようです・・・。

気が付くと川の岸に寝ていました。

寝ていたのかな?と思いましたが、髪の毛が濡れていたので夢ではないと思います。

ついでに、今でも鯉は出て来ます。

なにかわかる事があれば情報ください。
お願いします。