中学生の頃、留守番していると家電が鳴った。

「はい、もしもし・・・」

うちは母子家庭で母は夜に帰ってくるから、イタ電防止のためにも電話口で苗字は名乗るなと言われてんだ。

『もしもし、○○といいますけどお母さんいますか?』
初老のおっさんの声だった。

「母は出掛けていていません」と言うと、『そうですかぁ、お兄さんは元気ですか?』と聞かれた。

確かにうちには年の離れた兄がいるので、このおっさんは母ちゃんの知り合いなんだろうな・・・って安心したんだ。

「はい。兄も元気です。母にご用ならなにか伝えときましょうか?」と言うと、『いやいや、聞きたいことあっただけだから、お嬢ちゃんでいいよ』と。

私:「・・・?」
電話の相手:『お宅の近くに○○外科医院ってあるでしょ?』

「はい?あぁ、ありますねぇ。」
電話の相手:『お宅と○○医院と何かしら関係あるの?』

この○○医院の名前がうちの苗字と同じだったんだ。

私:「・・・?いや、関係ないと思いますけど??そんなの聞いたこともないですし・・・・・・」
電話の相手:『ウソつくなぁ!!!○○医院と関係あるんやろうが!!』

おっさん発狂、私涙目。

電話の相手:『○○医院は許さない!皆殺しにしてやる。お前らも無事に生きていけると思うなよ!云々かんぬん』

ここで怖くなり電話を切った。
電話線も抜いて、泣きながら兄ちゃんと母ちゃん帰ってくるの待ってたんだ。
んで、母ちゃんに泣きながら話したら、当然そんなおっさんは知り合いでもないし、○○医院とも無関係だとのこと。

苗字が一緒なだけで勘違いされて脅されるとか、マジで怖かったです。