『つむじさん』という遊びが、小学校の頃クラスの女子の間で流行っていた。

まず、「つむじさん、つむじさん、こちらのツムジにお入りください」みたいなことを言いながら、ターゲットの女の子の体操服の背中に指を押し当てて、ぐりっと左にねじって渦巻きの皺を作る。
すると、次の体育の時間までに、渦巻きの皺を作ったところに『つむじさん』がドンとぶつかって、その子を転ばせようとするらしい。
たぶん、暗示の類だと思うけど、見えない何かに押されるという、オカルト的な現象を楽しむだけの遊びだった。

それが、いつの間にか『押されて転ばなければ良いことが起こる』に進化して、呪文も「つむじさん、つむじさん、○○ちゃんに良いことありますように」に変った。
最終的には、「つむじさん、つむじさん、○○ちゃんの願い事『××』を叶えてください」になり、
クラスの女子の間で爆発的に広まった。

そして、ある日・・・。
体育の授業が始まる前、俺含む男子が女子の着替えを廊下で待っているとき、教室の中で悲鳴が上がった。
女子が一人飛び出してきて、先生を呼びに行けと言う。
保健係が走り、担任と保健の先生がやってきて、意識のない女の子を教室から運び出した。

後から班の女子に事情を聴いたところ、その子は友達の手を借りて背中に作らなきゃいけないツムジを、自分で胸に作ってしまったそうだ。

そうして着替えてる途中、背中ではなく胸を『つむじさん』に突かれ、仰向けにぶっ倒れて後頭部を強打し、失神したらしい。

幸い、命に別状はなかったけど、それ以来つむじさん遊びは消滅した。