どこかに書きたくて、だけどどこに書けば良いのかわからなくて、探していてここに辿りつきました。
とても後悔している事があり、その後悔は日増しに強くなります。
だからここで吐きださせて下さい。

今から3年前に主人が亡くなりました。
節約が好きで堅実で真面目な人でしたので、無駄な電気はこまめに節電するように心がけていて、いつも「もったいない」が口癖でした。

温水便座も蓋を閉めれば節電になるということで、主人の提案で毎回蓋を閉めることになりました。
ところが、ある時突然「トイレの蓋は閉めるな」と、物凄い剣幕で主張し始めたのです。

最初は意味が良くわかっていなかったし、事の深刻さにも気が付いてあげられませんでした。
癖になっていたので使用後は何度も蓋を閉じていたのです。

その後主人は「トイレに何かいる」と怯え始めました。
蓋を開けると水が溜まっているはずの空間に、真っ暗な空間がぽっかりと穴をあけていて、そこに吸い込まれそうになるなどと言い始めたのです。
そのような主張はただの冗談だと思ってました。
そしてあまり真剣に聞く耳を持たなかったのです。

あの時、きちんと聞いてあげていれば。
そして主人の言うことをもっと信じてあげれば良かったのにと、今でも苦しくなる事があります。

用があって外出から帰宅した土曜の昼過ぎに、主人はトイレの前で心臓発作を起こし、倒れていたのです。

「トイレに何かいる」と何度も怯えていたのに、その日も誤って蓋を閉じていたのです。

結局因果関係は掴めませんでした。
私は何も気配を感じません。

でも何か見える人には見えるのかもしれません。