自分の父親が登山が趣味で、その父親が話してくれた話。

その日も暇ができたから山に登ったんだ。
でも途中歩いてたらいきなり頭が痛くなって、「高山病かな?」って思ったんだけど、まだそんなに登ってないし・・・と思ってたら、どっからか『おまいりしてけ』って声が聞こえた。
しかも何度も何度も言ってくる。
『おまいりしてけ、おまいりしてけ』って。

いきなりの出来事で父親が混乱してたら、次の瞬間、道の横にあった竹林って言うのかな、そこからすごい気配がしたらしい。
しかもガサガサッってすごい勢いで何かが竹林から近づいてきた。

その瞬間にも頭痛はするし『おまいりしてけ』って五月蝿いし、そこで父親が「わかったから!」って言って、山をおりて山のふもとにあった社?かなそこで急いでおまいりした。
そしたらいつのまにか頭痛も声も消えたらしい。

父親が言うには、「多分あれは山の神様だよ。俺もまだ山登り初心者だったし、おまいりすることを教えてくれたんだね」・・・だそうで。