この前変わった人間に会ったんだが聞いてくれ。

地域の夏祭り(かなり田舎)の手伝いに行って、帰途についたのが10時くらい。
薄暗い畦道を一人でトボトボ帰ってたのね。
なーんかいつもより暗いなって思ったんだけど、気にせずに歩いてた。
そしたら前方の木の電柱の所に人がいるんだ。

俺は目がいい方じゃないし、かなり暗かったからこの距離では気付かないはず。
なんていうか、暗闇の中に薄い光の輪郭がある感じ。
上手く言えないけどさ。
通りすがりにチラッと目をやると、そいつと目があった。
ちょっとビクってなったけど、向こうも驚いてた。
気まずいなーと思いながら通り過ぎる、途端に明るくなったんだ。

一斉に民家の明かりがついたからだった。
「あーだからいつもより暗かったのか」と気づいたんだけど、おかしい。
同じタイミングで一斉に何棟もの民家に明かりがつくか?
んで、ふっと後ろを向くと、電柱には誰もいなかった。
通ってきた畦道に目を凝らしても誰もいない。
気味悪くなったんで、足早に家に帰った。

あの人は何だったんだろうか?