大学2年の頃の話。

その日は学校帰りに友達と飲んで、終電ギリギリで自宅の最寄駅に到着。
駅から自宅まで更に徒歩で30分という片田舎なんだけど、無事自宅についた。
兄は結婚して家出てるし、両親は明日まで旅行で不在。
リビングの電気つけて歯を磨いてたら、ソファが気になった。

うちは習慣なのか、家族皆が風呂上がりのバスタオルはソファや椅子に広げてかけて乾かしておくようになってるんだけど、ソファにかけてるバスタオルがこんもりと膨らんでる。

結構酔ってたし、じっーっと見てると、どうも小さい人間の形、人形?のような膨らみ方をしてる。
「?」と思って考えたけど、男兄弟だし親も人形とか買うタイプじゃないし。
なんだこれ・・としばらく考えてたんだけど、妙に怖くなってきたので、速攻で歯磨き終えて、二階の自室に行って寝た。

翌朝、この日も講義だし、起きてそのまま大学行こうとしたんだけど、ふと思い出してソファを見たら、相変わらず下に何かいるような感じで膨らんでた。
ただ昨日はホントに人型に見えたけど、そうでもない感じ。
時間がないから「まぁいいや」と思ってそのまま外出した。
その後、別にすぐそんな事は忘れちゃったんだけど。

後日、兄貴が嫁さんとうちに遊びに来た時に、色々とお土産というかプレゼント持ってきた。
デジタルの写真立て、花、ぬいぐるみなど、一応親の誕生日が近いってことで。
兄夫婦が帰ったあと、リビングでテレビ見てると、お土産にくまのぬいぐるみがあったんだよ。

あれ?・・どっかで・・・?

「あ」と思ってソファに座らせたら、あの時の感じとぴったり。
ついでに上からバスタオルかぶせてみたら妙に納得、あの時のくま?
独りで遊んでたら親に変な顔されたよ。
あの夜に一足先に挨拶に来たんかねぇ・・・。