昔、家族で大叔母の田舎に行き、池の横道を兄(12才)を真中にして私(7才)いとこ(3才)で手を繋いで歩いていた。
いとこは幼稚園の歌を歌い、私と兄は笑っていた。

しばらくすると湖の上を、毛布を細長く丸めたような物体がプカプカ浮いていた・・・。
洗濯機で絡まった服みたいな・・・白っぽいプカプカが、私の左側の視界に入っていた。

何あれ?と言おうとすると、兄の真後ろに誰かが立っている気配がする。
すると、いきなり3人共動けなくなり、その誰かが釜じい(※『千と千尋の神隠し』の登場キャラクター)みたいな声で兄に話しかけた。

「兄者か?」

横で兄が、がっくん、と不自然に頷くと、釜じいは「足を揃えよ。右から歩け、早う」と聞こえた。
兄がまた頷くと、二人三脚状態で足が勝手に身体が動き出して、3人で家に着いた。

何故かその話はそれっきりしないでいたんだけど、たまたま思い出して、親戚が集まった時に「あの時さ」と話したら、周りがすごく驚いて「よう助かったのう」と言われた。

毛布の塊は、何かまずい霊的なものだったらしい。
兄にも聞きたいが、兄はお坊さんになってしまい、今は比Ο山にいるので迷っている。