私が体験した話じゃなく、兄が体験した話なんだけど。

兄は私より8つ年上なので、本屋とかビデオレンタル屋とか行く時に、よく兄に車で連れてってもらってたのね。
で、たまたまその日は兄が本屋に行くといったけど、私はちょっと風邪気味だったから、欲しい本だけ頼んで一緒には行かなかったの。
そして兄が家を出て20分くらいした時、母の携帯に兄から電話が掛かってきた。
近所のTSUTAYAが車で20分くらいなので、頼んだもの以外で何か他に買うものがないかの電話だと思った。

でも、いつもならそういう時は私の携帯に掛かってくるから、母の携帯に掛けるの珍しいな、って思ってたんだ。
そしたら母がいきなり「秋田!?」って大きい声出したから、「?」って思った。
母が言うには、近所の本屋に出かけたはずが、兄はなぜか今、秋田にいるって電話だった。
ちなみに私の家は福岡。

当然だけど、福岡→秋田に20分で行けるはずはない。
兄は以前に仕事で秋田に出張したことがあったので、自分が着いたところが秋田県の場所だった事には気付いたみたい。
なにより、出張で行った場所の近くだったらしい。
ともかく、なんで秋田に兄がいるのか意味不明で。
兄は車運転して帰ってこれるけど、意味が分からない状態なので母に相談の電話をしたそうだ。

結局、兄は2日後に秋田から帰ってきたのだけど、いまだに謎な出来事です。

あと、ちなみに兄はせっかくだからと、土産に秋田の地酒を3本買ってきてくれました。
当時、私は未成年でしたが、おいしかったですw