数年前お寺で働いてた時に経験した話。

当時俺は就職浪人と言う名のニートで、バイトもせずほぼ引きこもりに近い生活をしてたんだけど、祖母が亡くなってお世話になった住職に近況を聞かれて、素直に働いてない事を話したら、お寺の掃除とか簡単な仕事をさせてもらえる事になった。

事件があった日は、一人で留守番しながら本堂の掃除をしてたんだけど、ちょうど廊下の曲がり角の所から、知らない爺さんがこっちを覗いてる感じがしたんだ。

たまにお参りに来る人はいたけどその爺さんは妙だった。
ただひたすら俺の方を見てる視線を感じるんだけど、こっちからは焦点が合わないと言うか、そこに居るのも知らない顔の爺さんとも認識出来るのにそこには誰もいない。
まあ廊下から覗いてるだけだったから、とりあえず気のせいって事にして掃除に戻ったんだけど、今度は本堂の中を爺さんが覗きこんで来た。

障子は開けっ放しなのに入っては来ず、ひたすら体を隠すようにして顔だけ覗いてる。
おまけにこの時期は窓を開けてても結構暑いはずの室内で、冷房もかけず動いてるのにどんどん体が冷えてく。
流石にヤバい奴なんじゃとか住職に電話するかとか考え始めたら、隣のアパートに住んでてあんまりお寺の方には来ない老僧(先代住職、当時80歳)が突然現れた。

「特に用事はなかったけど何か来てみたら、玄関で呼んだのに誰も返事しないから様子を見に来た」と言った後、仏様に挨拶して帰ってったんだけど、気がついたら例の爺さんは居なくなってたし、いつもの暑さに戻ってた。

それから住職が帰ってきた時にこの事を話したら、「そういう事があったらひたすら無視、体を叩いてシッシッとかあんたの相手はしないよって言ってやりなさい」って教えてもらった。

あとそう言うのは絶対に部屋の中には入って来ないから、出来るだけどっかの部屋に居るようにってのと、廊下で子供が遊んでる事もあるからとか、笑顔で言われてちょっと怖かった。

ちなみにこの子供?は廊下じゃなくて、駐車場に続く外階段の方で遊んでる声を聞いたかもしれない。(やっぱり中には入って来なかった)

老僧にはお盆法要の時に何で急に来たのか聞いてみたけど、ただ本当に気まぐれだったらしい。

以上が当時はしばらく滅茶苦茶怖かった話。
今日が命日だったから、久しぶりにお寺に行ったら思い出したからまとめてみた。