去年、市営プールで監視員のバイトをしたときの体験。

そのプールでは50分に1回、利用者全員を上がらせて10分休憩を入れる。
そして底に誰か沈んでいないか、落ちていないかなどを上から確認するんだが、その時、僕はハッキリ、プールの中央に男の子が俯せに沈んでいるのを見たんだ。

黒い水泳パンツと水泳帽で、小学校3,4年という感じだった。
潜水中で上がれのホイッスルが聞こえないのかなとも思ったが、その子はゆらゆらと水影に揺れるだけで、いつまでも動かない。

ヤバイ!と助けに飛び込んだんだが・・・。

いくら探しても、プールの底には誰もいなかったんだよね。
変だなあ、天井のライトが水に映ったのを見間違えたのかなと、首をひねりながらプールから上がったら、プールサイドで気まずそうな顔をして僕を見ている先輩と目が合った。

あとで聞いたら、そのプールでは底に沈んでる子供を目撃して、誰もいないプールに飛び込む新人監視員がたまに出るらしい。

でも、不思議なことに、そこでは過去1度も死亡事故は起きていないということだった。

僕が少年を見たのは1度きりだったが、何となく気味が悪いので今年は監視員バイトに応募しなかった。

少年を目撃したあと、雨でもないのにアパートの玄関前が濡れていたり、生まれて初めて原因不明の蕁麻疹が出たりと変なことが続いたし、その市営スポーツセンターは何となく嫌な感じがして利用しなくなってる。