ここ10年、婆さんが予知夢を見ているという事が発覚しつつある。

うちの婆さんは、学校の成績が常にトップで都会で働くのが夢だったが、婆さんの親が婆さんを田舎に置きたがったため断念。
婆さんは都会で働きたかったと今でも言う。

ただ憧れのあまりか、婆さんは夢の中で都会の会社で働く夢を度々見るようになったらしい。

その夢の内容が、「キレイな部屋に皆が小さな画面に向かってパチパチと叩いてる。多分高級なタイプライターで、二つ折りに本みたいに畳める」

「夜遅くでも中々帰れない日が続いて、上司に訴えたら『ハケ』?とかいう人を雇ったと言った。珍しい名前だと思った」

「同僚がパナハラ?パワハナ?とかいうものでノイローゼになった。皆で相談しようとか録音しようとか言う。その録音機がすごく小さくて驚いたわ」

「シマホはどれがいいかと語り合った。シマホは電話なのに、ビデオも見れるものらしい」

これらの夢の話は、私の母が子供の頃から聞かされていた。
45年以上も前。
私も聞かされていた。

『ハケ』?は恐らく派遣社員。折り畳みのタイプはノートパソコン。パワハナはパワハラ。シマホはスマートフォンだろう。
未来の社会の片鱗を、夢を通じて覗き見していたのだろうか。

ちなみにノートパソコンを買って見せた時は、夢と一緒!と大喜び。
いまだに婆ちゃんは夢の話をしてくれる。

最近はシートピーシー(?)とやらをクリアファイルに挟み、、とか、ゼリーの冷蔵庫(??)という話がよく出て来るが、予知夢かどうかわかる日が来るかも。